2016年04月29日

Visual StudioやIDEのフォントを綺麗に表示する

Visual StudioやIDEのフォントに「MS ゴシック」を使っていましたが、文字が見づらくなってきました。
歳は目から始まりると言われています、確かに見から始まりました。
エディタの文字が見えなくり文字サイズを12、13にしていますが、今度は「MS ゴシック」の文字が見づらくなってきました?
いやですね。。。 文字がカスむと動作も鈍くなってきています。

そんなこんなで、文字種を変える必要になり、いろいろ探していると。
フリーの源真ゴシック (げんしんゴシック) を見つけて使っていましたが>
どうも、フォントスタイルが私にはしっくりと行かなくて困っていました、
基本的には「メイリオ」のフォントスタイルが好きなのですが、プロポーショナルフォントなのでプログラミングには使えませんね、 

ところが「メイリオ」をプログラミング時のIDEやエディターに使えるようにするソフトが有ったのです、
このプログラムは「メイリオ」を等間隔のフォントに変えるソフトです。

「メイリオ」は著作権が掛かっていて改造や変更をして配布する事はできませんので、マイクロソフトが固定ピッチの「メイリオ」を作り配布してくれるまで待つしかないのです。
ところが、このソフトはコンピュータに内蔵されている「メイリオ」を等間隔に変更してくれる、

アリガーータイ・ ソフトなのです。

老人プログラマーにはとっても助かるものです。
 シカゴ・ブルースさんの「ことば・その周辺 」です。 勝手にリンクさせていただきます。



posted by 奈良シイタケ at 21:56 | Comment(0) | 開発環境